洋楽と邦楽×英語詞と日本語詞×サザン桑田佳祐×アヴリル・ラヴィーンの英語

洋楽と邦楽×英語詞と日本語詞×サザン桑田佳祐×アヴリル・ラヴィーンの英語

洋楽と邦楽×英語詞と日本語詞×サザン桑田佳祐×アヴリル・ラヴィーンの英語

洋楽と邦楽×英語詞と日本語詞×サザン桑田佳祐×アヴリル・ラヴィーンの英語 へのコメントはまだありません

今回は音楽を通して英語と日本語の違いを見て行きたいと思います。

まず、日本語ですが、全ての音節(音のかたまり)が母音で終わります。

“tomodachi” (友達) は、それぞれ、t”o”, m”o”, d”a”, ch”i”となります。
一方”friend”は、実はこれが一つの音節で、”d”で終わっています。

また、”like”を日本語っぽく”ライク”と発音すると、最後に母音の”u”が付いてしまいますが、実際(英語)は音としては子音の”k”で終わります。

このように母音で常に終わる日本語と、子音で終わる事が多い英語で顕著に違いが出てくるのが、「リズム」です。

日本語は一音節の長さが常にほぼ一定ですが、英語の場合は一音節の長さが一定ではありません。
母音で終わる場合(日本語)には言葉をスパっと鋭く切ることが出来ませんが、子音なら、リズムを切る、いわゆる「グルーヴ」(溝)を生むことに適しています。
また、英語では「リンキング」と呼ばれ、前の単語の最後の子音と次の単語の頭の母音がくっついて発音されるという性質もあり、くっつけるのかくっつけないのかで、一つのメロディに載せられる単語数も英語では自由自在です。

ですので、リズムやグルーヴという点では、英語詞の洋楽の方が日本語詞の邦楽より適している点が多く、サザンオールスターズの桑田佳祐が日本語を英語っぽく発音して歌うのもこれが理由かもしれません。

 

 以前Mステを見ていたらAvril Lavigneが出ており、この曲を歌っていました。

Avril Lavigne – Rock N Roll

歌詞の中で、
“What if you and I just put up a middle finger to the sky. Let them know that we’re still rock’n roll.”
とあって、

その対訳は
「あなたとわたし 空に向かって正々堂々と宣言しよう。わたしたちは永遠にロックンロールだって」
と表示されていました。

でも本来なら
「あなたとわたし 空に向かってただ中指を突き立ててみたらどうだろう。彼らに知らせてやろう、私達はまだロックンロールだって」
となるはずです。
“put up a middle finger” をこういった違う訳にしてしまうのは、ロックンロールの曲に込めた作詞家の気持ちを完全無視した優等生の訳ですよね。。。

“fuck”とか汚い言葉を使わず、”put up a middle finger”って表現するのが個人的に面白かったです。歌詞のこういう言葉選び・言葉遊びを研究しながら楽しんで英語を勉強するのもいいですね!

 


Cosmo英語教室は、東京都千代田区の四谷において、月額9,720円にて毎週80分授業を行っており、現在新規生徒を募集しております。

国際交流イベント毎回1,000円割引等の特典もありますので、HPをご覧の上、ぜひ気軽にお問い合わせ下さいませ。

Cosmo英語教室
http://cosmobridge.jp/school/


Related Posts

Leave a comment

Back to Top