英語学習のスタート

英語学習のスタート

英語学習のスタート へのコメントはまだありません

前々回前回は「英語をなぜ勉強するといいのか」ということを中心にお伝えしました。

今回は、「英語学習する上で何からまず始めればいいか」についてです。

 

まずはじめに行うこと

 

「目標と道筋を立てる」

 

目的に関しては、前回までにお話しました。

一方、目標としては、日常会話が出来るくらいになりたいのか、旅行で困らないくらい話せるようになりたいのか、ネイティブレベルになりたいのか、といろいろあるかと思います。
ただ、これは英語力が上達すればするほど、英語に触れる機会が増えれば増えるほど、変わってくるものなので自由に設定しましょう。ですが高い目標がいいです。

そして目標を立てたら、そこに至るまでにはどのように勉強していけば良いのか。

それは次回以降、順に紹介していきたいと思います。

 

まずはじめに行うことpart2

 

「英語を勉強する利点を考えてみる」

 

「世界中の人と話せる」
「就職に有利」
「海外ドラマのジョークが分かるようになる」
「自慢できる」
「かっこいい」

などなど。

モチベーションの話に戻るのですが、私は上記のような事を考えていました。不純な動機も中にはありますが、実際には前々回の内容のように至極マジメな動機が大部分を占めています。

でもまぁ、「志高く、意志を強く、マジメに勉強」って気分じゃない時なんていくらでもあるので、そういった時は不純な動機でも何でもいいです。色んな動機を総動員して英語に向かいましょう。金髪白人美女の彼女が欲しい為ならそれでも構いません(笑)

しかし、実際海外に行ってみると、さらに英語に純粋に向き合うようになります。英語という言葉を用いて、日本語の分からない外国の人と意思疎通をしている、というその瞬間に感動したり、モチベーションは日々の生活の中で得られます。

いかにモチベーションを保つかは、普段から意識するようにして下さい。継続して勉強することがとにかく大事なので、モチベーションを大事にしましょう。

 

まずはじめに行うことpart3

 

「まずTOEICを受験してみる」

 

TOEIC公式サイト
TOEICというのは日本で最もポピュラーな英語試験で、リーディングとリスニングから成る2時間の試験です。
合格不合格というのはなく、990点満点の点数のみで結果が出ます。
TOEICに向けての勉強というのは、英語の総合力という点ではあまりふさわしくない部分がありおすすめしませんし、本当の英語力を計るという点でもふさわしくないというのはよく言われていることですが、今語ってるTOEICを受験する意義はそこではありません。

モチベーションアップです!

ですのでTOEICの点数がどうしても必要という方以外は、TOEICに特化した勉強はなるべくやらないようにして下さいね。
TOEICの点数が高得点なのに、英語をあまり話せない人ほどかっこ悪いものはありません。外国人からすれば格好の笑いのネタです。「ザ・日本人」です。

手っ取り早く点数を上げたいなら、解法のテクニックを学んで過去問を繰り返しやっていればいいですが、そういうことをせず他の勉強をちゃんと続けていれば、着実に点数は上がっていきます。
自分の勉強の成果が点数という分かりやすい形で実感できると、かなりモチベーションは上がります。目標も定めやすく、おすすめです。
英語学習で辛いのが、「英語力アップをなかなか実感できないこと」です。
それを実感できるという意味だけでも、TOEIC受験はとても意義のあるものです。
後々振り返ることの出来る、英語学習の歴史をTOEICの点数という形で残すのもいいものです。

ちなみに、最初の受験では必ず激凹みします・・・。かなり難しいです(先日英検1級を受けたら、英検1級は比にならないくらいさらに難しかったですが・・・)。
私が最初に受験した時は545点ということで中間よりは上の点数だったんですが、それでも試験自体はかなり辛かったという記憶があります。
英語を勉強する目的を忘れず、「もう英語の勉強いいや・・・」ってならないように気をつけて下さいね(本当に…)

TOEICの点数は就職にも有利ですので、TOEIC対策を完全には否定しませんが、特に初めのうちは総合力アップを目指しましょう。
しっかりTOEIC対策をすると、英語力関係無しに100点は簡単にアップすると言われていますが、話せるかどうかにおいては無意味です・・・。
友人に自分の英語力を自慢するにはTOEICの点数を言うのがイチバンですけどね!(笑)

 

結局

 

勉強が長続きする為にも、無理せず楽しく勉強するということは大事です。ですので、今後紹介していく英語勉強法で自分には合わないと思ったものに関しては従う必要はありません。
ただ、各勉強法のコンセプトのところは、的を射ているものが多いと思いますので、その勉強法を代替するものを探してみるのはいいと思います。

モチベーションを失ってまで効率重視のつまらない勉強ばかりしないで下さい。勉強は常に2つか3つぐらい並行して進めて、気分転換しながら勉強するといいと思います。
「アプリで勉強」してみたり、「海外映画でリスニング」してみたり、あとは「英語の漫画で勉強」などなど。

とにかく色々な勉強法を紹介していきたいと思います。

では、TOEIC受験の申し込み手続きが終わったら(笑)、早速勉強開始です♪


Related Posts

Leave a comment

Back to Top