前置詞のコンセプト – 授業風景 –

前置詞のコンセプト – 授業風景 –

前置詞のコンセプト – 授業風景 – へのコメントはまだありません

先日、Kevin先生の授業で出てきた文章がこちら。

I have stepped in poop twice in my life.
(私は人生の中でう◯ちを2回踏んだことがあります。)

非常に実用的(?)なこの文章ですが、「踏む」だと、
「”step in”ではなくて、”step on”なのではないか」と先生に聞いてみました。

すると、

「うんちは柔らかくて、足が中まで入っていくので、onよりinが良い」とのこと。

そこですかさず、さらに質問。

「では、”poop”(うんち)が”frozen poop”(凍ったうんち)なら”step on”となるのか」と聞いたら、「そう」なのだそうです。

 

このように、前置詞というのはコンセプトの理解とそのイメージが非常に重要です。

例えば、

“in”と”at”の違い、
“to”と“for”の違い、
”from”と”out of”の違い、
”by”と”until”の違い、
”by”と”next to”の違い、

などを理解していれば、新しいイディオムに出会った時でも、元々知っている単語と前置詞の組み合わせから意味を推測できるものが多いです。

大まかなイメージを理解するだけでも、文章読解力が大幅に変わりますので、ぜひ機会を見つけて前置詞を勉強してみてください。

後日、前置詞に関してまた詳しく書こうと思います(^^)


Related Posts

Leave a comment

Back to Top